アイカ製薬

葉酸はなぜ体にいい?その効果やおすすめのサプリメント5つとは?

2018.04.16

葉酸

葉酸といえば妊娠中のイメージが強いと思いますが、それ以外にも私たちの体にいろいろな効果を発揮してくれる栄養素です。

今回は葉酸の効果やおすすめのサプリメントを紹介していきます。

葉酸とは?一日の摂取量は?

葉酸の摂取量
葉酸は水溶性ビタミンB群の一種で、代謝に深く関わり、細胞の再生や生成をサポ―トして体を発育を促進する成分で1941年にほうれん草から発見されたと言われています。

細胞の中には核酸があり、これはDNAやRNAのことで遺伝情報を保持して遺伝子情報に従って体を作る、生命の根幹の重要な部分です。

赤ちゃんは母体の中で新しい細胞から作られるため、妊娠中や授乳期の赤ちゃんやお母さんにとって葉酸は必要不可欠なものになります。

葉酸の一日の摂取量の目安を厚生労働省では、妊娠を計画している女性は1日400㎍、妊娠をしている方は440㎍を目安と言っています。ほうれん草で表すとだいたい1袋分、200gに相当します。

葉酸の効果は?

葉酸効果
葉酸は妊娠中に摂取するというのは、多くの方が知っているかと思います。しかし、その他に体にいい効果がたくさんあるのか知っていますか?

ここでは葉酸の効果をお伝えしていきます。

①神経管閉鎖障害のリスクを減らす

まず、なぜ妊娠中に葉酸を積極的に摂取した方がいいと言われているのかというと、「神経管閉鎖障害」のリスクを減らす効果が期待できるからです。

この神経管閉鎖障害とは、神経管に異常が起きて胎児が二分析椎や無脳症など先天性の奇形が起こることです。

もちろん葉酸を摂取しなかったから、必ず神経管閉鎖障害が起こるというわけではありません。

しかし、葉酸を意識的に取り入れることでそのリスクを減らすことに繋がります。

②貧血予防

葉酸には、造血作用があり、ビタミンB12とともに赤血球の生成を促進します。そのため葉酸を摂取することは、貧血予防につながります。

特に妊娠中は貧血になりやすいので、積極的に葉酸を摂取したほうがいでしょう。

③着床しやすい環境を作る

妊婦
葉酸には子宮内膜を強化して、子宮の血流をよくする働きがあります。

子宮内膜が厚ければ着床しやすくなり、薄いとなかなか着床しないというデータがあります。

また内膜が薄いと着床したとしても、定着せずに流れてしまう可能性が高くなります。葉酸を取り入れることは、内膜を強化し受精卵を守り、定着率を高めるために役立ちます。

そして子宮の血流が良くなることで、胎児が子宮の中で順調に成長します。

妊娠を計画している方は、葉酸を取り入れてみると良いと思います。さらに妊娠が発覚したらすぐ飲み始めるのがおすすめです。

④代謝が上がる

葉酸は代謝を上げるともいわれています。

基礎代謝が上がるということは、痩せやすい体作りにも繋がります。
また肌の基礎代謝が上がれば肌のターンオーバーが促進されます。

⑤ホルモンバランスを整える

葉酸にはホルモンバランスを整える効果があることもわかっています。体内のホルモンバランスが整えば、生理不順や生理痛の悩みの軽減にも繋がります。

生理周期がバラバラで、生理通の痛みが激しいという方はぜひ葉酸を試してみるのも良いと思います。

⑥動脈硬化を予防

動脈硬化を引き起こす原因に、「ホモシステイン」という物質が挙げられます。このホモシステインが血液中の中で濃度が高い場合、心臓病や、動脈硬化など血液の疾患にかかる可能性が高くなります。

葉酸にはホモシステインの数値を下げる働きがあり、心臓病や血液疾患にかかるリスクを減らすとも言われてます。

⑦心の病の改善

葉酸は、脳の神経系にも作用し心を落ち着かせるとも言われています。
精神疾患の原因の一つに、セロトニンの不足も考えられていますが葉酸はセロトニンの生成にも役立ちます。

葉酸のサプリメントのみでは、うつ病を完全に治療することは出来ませんが、病院で処方されている薬と一緒に服用することで、薬のサポートはできると思います。

⑧ターンオーバーを促進

葉酸にはたんぱく質を合成する働きがあるので、肌のターンオーバーを促進に役立ちます。

肌のターンオーバーは年齢を重ねるほど周期が長くなり、なかなか肌が生まれ変わりません。葉酸を摂取することで、肌のターンオーバーを促進し、シミやシワに効果があり美肌に導いてくれます。

葉酸はサプリメントから!おすすめのサプリメント5つ

おすすめさぷり
葉酸は野菜から摂取できますが、普通の食事からは十分にとれていないことが多いです。

そこでおすすめなのがサプリメントです。

サプリメントなら、毎日さっと飲むだけで1日の摂取量をクリアすることができます。
ぜひ参考にしてみて下さい。

1位:マカナ

葉酸サプリ1

引用:http://na-shop.jp/
価格:初回3,980円、2回目以降5,980円
内容量:120粒(30日分)
公式ホームページ:https://na-shop.jp/makana/lp/

ダントツで人気のある妊活サプリメントが、このマカナです。はらメディカルクリニックの産婦人科医高橋しづこ先生も推奨していて、妊活専門の管理栄養士の柳寿苗さんによって作られました。

葉酸やマカをはじめ、妊活中に欲しい成分をバランスよく配合して体をサポートしてくれます。

もちろん妊活だけではなく、妊娠中や授乳期の体も寄り添ってくれます。

さらにマカナの嬉しいポイントは、マカナを摂取している方に対して、管理栄養士から妊活のための食事や栄養指導が無料で受けられます。

配合されているフルーツや野菜成分は全て国産のものを使用しているそうです。

2位:ベジママ

ベジママ

引用:https://vegestory.jp/
価格:初回2,750円、2回目以降4,680円
内容量:120粒(1日4粒)
公式ホームページ:https://vegestory.jp/

ベジママは「ママになるための体づくり」のために。

そしてベジママの最大のポイントはほかのサプリメントにはない「ピニトール」という成分が配合されている点です。

このピニトールは、海外ではよく使われているそうですが日本ではまだ知名度は低いです。でも、葉酸に加えて取り入れたい成分の一つです。

妊活ママをサポートしてくれるサプリメントです。その他にもビタミンやルイボスなどママ活に欠かせない成分を配合しています。

3位:ママニック

ママニック

引用:https://mamanic.jp/
価格:5,000円→3,500円
内容量:120粒(1日4粒)
公式ホームページ:http://mamanic.jp/

ママニックは葉酸だけでなく他40種類以上の栄養素を配合して、妊娠中のお母さんや赤ちゃんの栄養に役立ちます。

発売から1年くらいのまだ新しいサプリメントですが、モンドセレクションでは銀賞を受賞しています。

また美容成分を配合して、妊娠・授乳期の肌のトラブルにも寄り添ってくれます。使用している健康維持成分の野菜は、すべて国産のものを使用しているのも嬉しいポイントです。

成分の一つ一つの最終加工国までしっかり開示している信頼できるサプリメント会社です。

4位:ベルタ葉酸サプリ

要素さぷり

引用:https://belta-shop.jp/
価格:5,980円→3,980円
内容量:
公式ホームページ:https://belta-shop.jp/shopping/

女性の悩みに寄り添ったラインナップが豊富な「ベルタ」から発売されている葉酸サプリです。

1日の摂取量はもちろんクリアしているほかに、DHAやEPA、ラフェクトリン、ベビーコラーゲンを含み、妊活から授乳期のお母さんをサポートします。

商品の研究や開発はすべて現役のお母さんが手掛けているので、女性の視点から生まれているサプリメントです。

放射能検査や残留農薬検査といった不安要素についても検査しています。

5位:プレミン

要素サプリ2

引用:http://premin.shop/
価格:3,580円
内容量:124粒(1日4粒)
公式ホームページ:http://premin.shop/1st.html

プレミンは、妊娠準備から妊娠初期・中期・後期と必要な栄養素を摂取できるサプリメントです。

葉酸は妊活中~妊娠3ヶ月までを中心に1日の摂取量を配合していて、妊娠4ヶ月からは鉄を中心にした栄養素を配合しています。

もちろん、妊娠から授乳期までのすべてのステップで必要量の葉酸は配合しているので安心して下さいね。

全成分含有量を開示し、全ての成分の最終加工をしている国まで表示し、第三者による安全に関する承認も取得済みと信頼できます。

まとめ

いかがでしたか?
今回は葉酸サプリメントについて見てきました。
どの商品も1日の葉酸摂取量をクリアしています。
ぜひ妊活をスタートするタイミングで、自分や未来の赤ちゃんのためにも葉酸を取り入れてみて下さいね。

関連記事をもっと見る