アイカ製薬

汚いお尻の黒ずみの原因とは?ケア方法とオススメのクリーム!

2018.04.04

夏になると水着を着る機会が多くなりますが、あなたのお尻に黒ずみはありませんか?
実はお尻は簡単に黒ずみが発生する部分で一度黒ずみができるとすぐにはなくならないので悩みを抱える女性は非常に多いです。
今回はお尻の黒ずみの原因や、黒ずみのケア方法について書いていきます。

お尻の黒ずみはの原因は?

お尻の黒ずみの原因

お尻の黒ずみの原因は
「ターンオーバー(生まれ変わり)の乱れ」と「色素沈着」です。

様々な原因で、肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が肌表面にとどまり、メラニン色素が多く分泌して肌に定着してしまいます。
このターンオーバーの乱れと色素沈着を引き起こしている原因は、以下の通りです。

①刺激

お尻は下着や衣類の摩擦を受けやすく、さらに座るという行為で体重がかかっていて常に刺激を受けています。
刺激を受けた肌は赤くなったりザラついてしまい、メラニンの分泌を過剰にしてしまい、最終的には黒ずんだお尻になってしまいます。

もちろん衣類だけの刺激だけでなく、お尻をごしごし洗ったり、長時間のデスクワーク、自転車に乗るときのサドルの刺激までもが原因になります。

②乾燥

お尻は衣類とが擦れる、摩擦が起こりさらに肌の表面を乾燥させてしまします。乾燥すると肌はその刺激から守ろうと、ターンオーバーのサイクルを速めます。
ターンオーバーサイクルが早まると、表皮の下にある未完成な皮膚が上へ上がってきて、めくれ上がり、乾燥がどんどん進行していきます。
また、ターンオーバーサイクルが乱れると角質を厚くし肌を守ろうとします。
これを過角化と呼び、過角化がおこるとごわついた黒ずんだ肌になってしまいます。

③炎症やかぶれ

お尻は、蒸れやすくかぶれたり、ニキビが出来やすい環境にあります。ニキビやかぶれといった肌の炎症は黒ずみの原因となります。
最悪なことにお尻は炎症を繰り返しやすい部位ということになります。

お尻の黒ずみのケア方法とは?

お尻の黒ずみケア
では、お尻の黒ずみのケア方法にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

①ピーリング

ピーリングとは、古くなった角質をや汚れをが落ちきれいな肌に導くことです。お尻も角質がたまりやすい部分なのでピーリングはおすすめです。
ピーリングをすることで、お尻の角質や汚れがすっきりします。
自宅で行うピーリングと、病院で行うケミカルピーリング2種類があり、病院の方が薬剤も強く効果が高いです。

②外用薬・内服薬

病院の皮膚科では、黒ずみ除去のため、ビタミンCやビタミンEの内服薬や、美白効果のあるハイドロキノンやトレチノインを配合したクリームを処方し、黒ずみを除去します。
またトラネキサム酸といった抗プラスミン作用のある薬が出されることもあります。

③レーザー治療

美容外科や皮膚科では黒ずみを除去するために、レーザーでメラニンの元になってるいメラノサイトを撲滅して黒ずみを除去します。
効果も高いですが、1回で済むわけではなく、さらに全額自己負担なので費用が高額になります。

レーザー治療とともに、先ほど紹介したハイドロキノンといった外用薬が処方されることもあります。

④ヒップ専用ケア商品

最近は、お尻の黒ずみに特化したケア商品がたくさん販売されるようになり、その効果注目が集まっています。
黒ずみを除去したいけど、そんなに高いお金はかけたくない、毎日ケアしたいという方におすすです。

毎日お尻にサッと塗るだけでケアが完了という手軽さが、女性に人気を集めています。

おすすめのお尻の黒ずみ対策商品5つとは?

最後にお尻の黒ずみケアで人気の高い商品を5つ紹介していきます。

①ピーチローズ

値段10000円→ 5,195円/60g(初回)
1日あたり約190円(定期で計算)
効果メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。にきび、あせもを防ぐ。肌あれ。あれ性。肌をひきしめる。肌を清浄にする。肌を整える。皮膚をすこやかに保つ。皮膚にうるおいを与える。皮膚を保護する。 皮膚の乾燥を防ぐ。油性肌。日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ。しもやけ・ひび・あかぎれを防ぐ。
公式サイトhttps://www.peach-rose.jp

薬剤師が選ぶピーチローズおすすめのポイント

お尻の黒ずみケア商品といったら、王道なのが「ピーチローズ」です。最近パッケージをリニューアルしてチューブタイプになりさらに使いやすくなりました。
ピーチローズには

  • ・ヒアルロン酸
  • ・プラセンタ
  • ・コラーゲン
  • ・セラミド

の保湿成分がたっぷり配合されていて水分をしっかり補充して乾燥を防ぎます。無添加なのでお尻以外の全身のケアもできます。

ピーチローズについて詳しく見る

②アットベリー

値段5,440円(定期)→ 2,980円(初回)
1日あたり約185円(定期)
効果メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。
肌荒れ、荒れ性。
あせも、しもやけ、ひび、あかぎれ、にきびを防ぐ。
日焼け、雪やけ後のほてりを防ぐ。
肌をひきしめる、肌を整える。
皮膚をすこやかに保つ、皮膚にうるおいを与える、皮膚を保護する、皮膚の乾燥を防ぐ。
公式サイトhttp://www.at-berry.jp/

アットベリーは、脇の黒ずみケアとしている人が多い商品です。

全身にも使用できるので、お尻の黒ずみにも使えます。
プラセンタや甘草フラボノイドといった美肌に効果のある有効成分をしっかり配合して、セラミドやコラーゲンのような保湿成分により乾燥からもお尻を守ってくれます。ワキの臭いケアにも役立ちます。

アットベリーについて詳しく見る

③ヒップルン薬用スクラブ・ホワイトクリーム

値段4,380円→ 3,723円(定期)
1日あたり約124円(定期)
効果メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ。肌あれ。あれ性。あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。油性肌。かみそり負けを防ぐ。日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ。肌をひきしめる。肌を清浄にする。肌を整える。皮膚をすこやかに保つ。皮膚にうるおいを与える。皮膚を保護する。皮膚の乾燥を防ぐ。
公式サイトhttps://regular.peachjohn.co.jp

ピーチジョンから発売されアットコスメでも人気のあるヒップケアスクラブです。
お風呂で濡れた手にとり、泡立ってて優しく洗うだけで簡単にケアが出来ます。スクラブで気になる黒ずみをケアし、肌トラブルのニキビには薬用成分イソプロピルメチルフェノールでケアしてくれます。

さらに同時に販売されている薬用ホワイトクリームには、美白成分のトラネキサム酸やビザボロールが配合。
保湿成分のヒアルロン酸やトレハロース、セラミドも配合。

そして女性にはうれしいコラーゲンやセラキュート、ホメオエイジを配合してお尻のハリや弾力やエイジングケアにも。

スクラブ・ホワイトクリームについて詳しく見る

④イビサクリーム

値段7,000円→ 4,970円(定期)
1日あたり約165円(定期)
効果メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。
肌荒れ、荒れ性。
あせも、しもやけ、ひび、あかぎれ、にきびを防ぐ。
日焼け、雪やけ後のほてりを防ぐ。
肌をひきしめる、肌を整える。
皮膚をすこやかに保つ、皮膚にうるおいを与える、皮膚を保護する、皮膚の乾燥を防ぐ。
公式サイトhttps://ibizabeauty.net/

イビザクリームのについて詳しく見る

ブラジリアンワックス脱毛サロンが、企画・開発したのでデリケートゾーンの黒ずみケアに使う人の多い商品です。

もちろん全身のケアもできます。トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kを配合していてい、美白と消炎作用に優れている医薬部外品です。

ヒアルロン酸やグリセリンなど8種類の保湿成分を含んでいて肌にうるおいを与えます。

⑤フェアリームーン

値段9,600円→ 5,450円(初回)
1日あたり約181円(定期)
公式サイトhttp://pupustore.com/fm/ob/ob_y

フェアリームーンもお尻のケアとして売られている商品では有名です。朝用と夜用の2つのジェルに分かれていて美容成分が非常に多く含まれていて2種類のジェルを使い分けたい人におすすめです。

クリームは合成香料やシリコン、界面活性剤などは一切使用しておらず無添加にこだわっているそうです。敏感肌の方でも比較的安心して使うことが出来ます。マッサージジェルとしても使用でき、お尻のたるみが気になる方はマッサージをしながらお尻ケアができます。

まとめ

お尻の黒ずみは、少しの刺激や摩擦で簡単に黒ずみが発生します。黒ずみを放置すると濃くなりやすく、見た目が悪い汚尻になってしまいます。

お尻は自分では見ることができない分ケアをおろそかにしがちな部分です。しかし、海や温泉に行く直前には気になる部分でもあります。
急に治ることのない黒ずみは日頃からケアしてあげることが大切です。今からでも美尻を目指してはじめてみましょう。